日和見アカデメイア

ゆるく書いていきます!

就職活動

 現在、僕は就職活動をしています。正直な話、スキルも経験も(新卒だからあたりまえか)ない僕は営業でも事務でも働ける気が微塵もしません(泣)

 最近あった合同就職面接会など訪れてみましたが企業の数に圧倒されてしまい挙動不審になってしまいました…(笑)広告関係の営業職と印刷会社の営業職etc…様々な企業の説明を聞きに回りましたが「うーん。ノルマに追われる仕事は、のろまな僕にできるかなぁ」や「体育会系のノリやべえwww」と思う企業が多く僕みたいなノースキルな文系にとっては厳しい現実を突きつけられました。

 

 そこで今回はこの本を紹介したいと思います!

 

  ふむふむ、こんな生き方もあるのかぁと思ってしまいました。この本を読んで思ったことは多角的な視野で就職活動をしていくことでした。しがない就活生の僕がこんなことを言うのはおこがましいのですが日本の就職活動はどこか形式化されすぎて「気持ち悪いなぁ」と思ってしまいます。(悪気はありません!ごめんなさい)ロボットみたいな笑顔で頷くリクルートスーツを着る若者達みたいな…。正直もっと自由な就活っていうかいろんな雇用のスタイルを日本は認めてくれてもいいのに!と思ってしまいます、個人的に。

 

 「新卒採用」「年功序列」「終身雇用制」などなど高度経済成長に支えられた日本固有の労働形態といいますかリクルートスタイルというか…こうゆうのは目覚ましく発展していた経済成長率に担保されたシステムだったのではないかと個人的に感じています。したがって日本ももう少し中途採用の幅を広げて労働力の流動性を高めるとか人生の寄り道(現役以外にもスキルアップのために大学で研究などなど)を認めるような新卒以外の人にもやさしい労働市場になればいいなぁと僕は考えています。

 

 ちなみに外国人労働者の問題は断固反対です。日本は日本人のための労働体制であるべきだ、と考えます。

 

広告を非表示にする